2021/2/22 Day2の朝はハレタから! 

 
 PXL_20210222_012544682

 

 
 

 シラス丼と卵焼きを食べました。エネルギーばっちり。 

 
 
 

 二日目はP.F.C.の学生しかおらず車の山降ろしをどうするか懸念していたところ、毛利さんが「俺がパラでトップランして車おろすから」と、秒で解決してくれました。格好良すぎやしませんか(笑) 

 ありがとうございました! 

 
 
 

 この日はDay1のリベンジということですが、コンディションは如何でしょうかね。高岡の北や西側には雲がちらほら、南側は綺麗な青空でした。 

 
 
 

 パラが2機出て、途中からわんわん上げ出しました。しばらくしてその内の1機のハタボーさんがトップランを狙うも、上がっちゃって降りられんと。おや、良いんじゃないの。 

 
 
 

 海風はもうしっかり入っている様で、トップバッターでテイクオフ! 

 
 

 
 
 

 左に体重のせて傾いた後の修正がちょっと遅かったかな。それから、出た後山にもっとぐいぐい寄って行きたかった。 

 
 
 

 テイクオフから一つ東の尾根でリフトにヒット。うじさんに、「とま、回せーーー!!」と叫ばれます。回せませんでした。頭ではいけると分かっているんだけど、そのまま山に吸い込まれたらどうしようと躊躇している間にリフトを抜けてしまいました。 

 
 

 その辺をうろうろしつつ、リフトに当たりつつ、回せー!と無線を入れられつつ、抜けつつ、なんで回さへんねん!とテイクオフで言っているであろううじさんに思いを馳せつつ。いやあ、このままここにいても上げられる気がしねえなあということで、ごめんなさいと涙を呑んで、もうちょい東の稜線が低くなっているところへ行ってみました。 

 ヒット。やっと回せました。コアがぶれぶれなようであまり気持ちよく上げられるサーマルではなかったものの、600mは超えました。(テイクオフの高度は430m) 

 
 

 しばらくしてひかりんさんが出てきました。私がさっき上げたところでまた回していたので、その下に入ってきました。ある程度上げたら早々にテイクオフの方に戻っていく。ええ、もうそっち行くの!?と思いつつついて行って、上がりました。後から聞いたところ、雲を追っていたとのこと。へえ雲ねえ、、全然見れてなかった。 
 
 IMG_20210222_131348
20210305_142002

 
 
 
 

 ひかりんさんは、1000mくらいまで(?)上げたところで沖に出ていきました。私はこのとき850m(Max)。いつの間にか大分上におられました。この差の埋め方がねえ、一向に分からんのですよ。まあ折角だしとついて行くも何も無く、二人ともリターン。上手い人に慌ててついて行かずとも、上げられるところでしっかり上げて様子を見るのも大事だなと思いました。 
 

 ひかりんさんはテイクオフの上に留まっていましたが、上空は西風強風だし山際は荒れてるしで私はもう疲れてしまって、軽くふらふらしてからランディング方向に向かいました。すぐに疲れるのはきっと、余計な力が入っているからでしょうね。それとも単純に根性がないのか。 

 
 

 ランディングは川の上がシンク気味になっていて、やべえ川沈はしたくねえとファイナルターン切ったらロングしました。多少荒れていたものの何とか無事に降りられました。のんびり高度処理してないで、もうちょっと川の向こうとか探ってみれば良かったな。1時間弱のフライトでした。 

 ランディングの様子はひかりんさんに、上空からしっかりと見ていただきました。ありがとうございました! 

 
 
 

  うじさん、フィジカルはジリ貧で降りてきました。ひかりんさんも結局どこにも行けんかったとのこと。毛利さんのブログでも、「霊石化2」と題しています。 

 やっぱり風の変わり目が一番良いのだと、ハタボーさんに教えていただきました。降りたらランディングは荒れてるけどね、と。 

 
 
 20210222_145917

 
 飛び終わりの一枚。 
 高岡ってのはこんなもんじゃないだろう!といった表情ですね。またリベンジしに来ないといけません。次こそ良い感じに飛びたいんですけど、どうでしょうね。





 ここで次回予告です。

 『三度目の高岡!全員1000m越え!良かったねー』



 


 20210222_162230

 
 

 フィジカルのセクシーポーズ。何も強調されていませんね。 

 
 
 
 

 丁度下校の時刻だったようで、高知の女学生らを眺めながら帰りました。信号待ちをする女学生、路面電車(とさでん交通)に乗る女学生、商店街を抜ける女学生など、大変良い景色でした。ドライブの醍醐味と見つけたり。 

 フィジカルは今や失いし青春にやや感傷的なところがありまして、こういう時のテンションの上がり様と言ったら尋常じゃありません。 

 
 
 
 

 高知に来たにも関わらず、今回カツオは食しませんでした。旬じゃないのです。 

 奴らは冬から春にかけて九州よりずっと南の海域で産卵した後、黒潮に乗って北上します。この時獲れるのが初鰹で、さっぱりとしてるそう。高知だと3~5月頃ですか。 
 bea996fa

 夏頃に黒潮と親潮がぶつかりエサの集まる三陸沖に到達し、ここでたっぷりと栄養を蓄えた後、秋頃に南下します。この時獲れるのが戻り鰹で、脂がよくのっていてもちっとしてるらしい。高知だと10~11月頃か。 

 
 

 そんなわけで夏は然ることながら、秋も高岡に来ねばなりません。楽しみ~~ 
 




 どうも、とまとです! 



 2021/2/21 念願の初高岡をキメてきました。
 飛ぶのが初めてでシングルで行ってたたんだことはあるという訳ではなく、エリアに行くこと自体初めての真の初高岡です。皆さんにあまりに意外がられるので、軟弱精神で脳みそ劣化中の私は、あれれ、もしかすると来たことあったかも知れないと疑ってしまいます。
 

 私の記憶違いでなければ、高知県を訪れるのは人生で二度目なんですね。去年の3月にただの旅行で来ました。その時はどこを巡っても坂本龍馬先生がいてすっかり顔馴染みになっているつもりでしたが、今ツアーでは一度もお見かけしなかったので驚きました。薩長同盟反対派に狙われて一時的に身を隠されているんですかね?中岡慎太郎氏とよく相談してください。 

 

IMG_20210221_092445
 

 

飛び 

謝辞 

自己満足的思い出日記(本命) 

 

 

 

 

飛び 

 

 

 夜出発で下道6時間からの早朝着。高知の道路は走りやすく、街中、街外れ問わず景色はどこを切り取っても絵になる。何だか奥行きが感じられる。私は気づいてしまいました。高岡は最高だと!特に仁淀川、君は美しい!! 

 

 さてさて、テイクオフに上がりまして。

20210221_105826 (1)

20210221_105935


 第一印象は霊石に似ています。海に臨んだ南向きのテイクオフで、稜線沿いに海風でリッジがとれます。東側に仁淀川が流れていてテイクオフから真っ直ぐそっちに向かえば、そこの河原がランディングです。 

 ただし霊石と違うのは! 

 前山と言って、海岸沿いに山が軽く連なっているんですね。(霊石の、テイクオフから見て右奥で突き出している前山とは違います。)これが場に海風が直撃するのを防いでくれるわけです。で、そこで発生したサーマルを海風が拾って高岡まで運んでくれると。なるほど、高岡は高確率でサーマルコンディションになるとは聞いていましたけど、そういう理屈でしたか。最高じゃあないか! 

 
PXL_20210221_025707406

PXL_20210221_025715865

 この日は気温20℃越えの半袖日和。予報だと場の風は西っぽくてちゃんと出られるか心配してましたが、テイクオフは地形的にきれいに正面から風が入る模様。水平線は霞んでいて雲は皆無の青天でした。 

 

 先にパラが4機程出ました。粘りはするもののいまいち上がらず、しばらくして1機2機と姿を消していきました。と、山際に残っていた2機が、テイクオフを出て一つ左の尾根あたりでぐいぐい上げ出す。ここは鳶もよく回しているポイントです。いいぞ! 

 ハング勢ぼちぼち準備を整え気合を入れるも、先程まで上げていたパラはそれほど調子が良くなさそう。しかもなんか、風が東っぽい。どゆこと?! 

 少し様子を見るも、まあ、行くしかないということでボンバーさんが最初に出ました。ボンバーさん、実は私と同じく初高岡です。なのにトップバッター() 東端の斜面で少し粘るも、降りてしまいました。南東風だと、東端の岩肌あたりでリッジがとれます。 

 

  ボンバーさんが構えている時に、高知市街(10km以上先)で猛烈に雲が発達し霧散するのが観測できました。わずか5分足らずの内のできごとで、その部分だけ早送りになっているのかと思いました。こっちには無関係だったようです。 


20210221_132606
20210221_132639
20210221_132730
20210221_132846
20210221_132933

 

 続きましてうじさん、ひかりんさんのイチャラブ先輩コンビがテイクオフ。ちょっと、おれも混ぜてよということで私も出たところ、粘る二人を横目(上目?)にぶっ飛びました。あと、みのさんも飛んでました。 

 

 テイクオフは大分しやすく感じました。ちゃんと抑えて水平さえ保っていればまずまず出られそう。ただ、加速が遅かったです。グライダー浮ききってないね。 

 


 らんぽうさんに、斜面と近すぎても離れすぎてもあかんでとアドバイスをもらい、OKです!と応えていたのですが、出てから始終無線で、もっと斜面に寄れ!と言われてました。いったい何がOKだったんですかね。途中一回まわしてみるも半周したあたりでリフトを見失ったので、そのままランディングに入りました。 

 高岡行きの決まった前日は、桂浜までクロカンして、そこを仲睦まじく歩くカップルの正面に格好良く着地し、彼女の方にプロポーズを決め修羅場にするという妄想をしていたのですが、若干予定が狂いました。 

 コースは悪いしスピードも安定しない、たとえぶっ飛びにしてももっと上手くやれたフライトでした。 

 

 ランディングは先に降りていたボンバーさんに見ていただきました。高岡のランディングは、とにかく平らで広い!ベースレグは取り放題で、どんだけロングしても許されちゃうのです!石ころなんで、クラッシュすると痛いですが。 

 風にも恵まれて、オーバーヘッドで割かし簡単に降りられました。良い高度で浅いバンクで入ってきさえすれば悪いようにはならないというのを再認識したランディングでした。まあそれも状況によっては簡単ではないんですけど。 

 


 ところで、オークNo.2の清水さんは他スクールの方に講習生を見させておいて何をしているんでしょうか、いや、何をしていないんでしょうか。「これが男の花道や!」と叫んでぶっ飛んでいたあの頃の輝かしい清水さんは何処に行ってしまったのでしょうか! 

 

 我が愛しの同期フィジカルはというと、待つ!という判断を下し、それに付き合ったらんぽうさんと遅めに出てきました。結果は、むしろフォローが入っちゃって出にくくなった様でしたね。 

 先に出たらんぽうさんはさすが、上手いことサーマルをつかまえて結構上げてました。最近らんぽうさん、めちゃめちゃ飛んでらっしゃいます。 

 

 この日はうじさんの一人勝ちでした。ボンバーさんが降りた後、行ける!と出て行き東端からじりじり上げて900m越え?すごい。そこから川沿いに、海の手前まで行ってました。一旦上げてしまえば高度は保てた様です。うじさんの飛びには何というか、意地というものが感じられます() 

20210221_152308

 ひかりんさんは生憎上げきれず降りてきてしまいました。テイクオフしたタイミングはうじさんより少し遅く、私が飛んでいる時に見た二人は位置も高度も離れていたので、そこからひかりんさんの技術次第で何かしらやりようがあったのかは、ちょっと分かりません。降りた後めちゃめちゃ悔しがっていて、かける言葉が見つかりませんでした。ちょっとレアひかりんでした() 

PXL_20210221_055415459

 翼端から悔しさが滲み出ていますね。

続きを読む

入部宣言遅れてごめんなさい!
今年夏に入部しました本田義博(よしひろ)です。
大阪市大の工学部です!
将来は航空に関する仕事に就きたく、そんな自分にあったサークルだなと思い、入部しました!
あだ名は「震電(しんでん)」を推していましたが、最近になって「ダビ」でも良いんじゃないかなぁ...なんて思ったりしてます。
目先の目標は山の初飛びにに向けて頑張ります!
よろしくお願いします!

↑このページのトップヘ